2009年04月06日

季刊誌「わらく」春号

海苔&海情報


当店では「生産者直送便」という海苔の商品がありますが、1つは
宮城・東松島産、そしてもう1つは千葉・木更津産です。それぞれ生産者(海苔職人)と連携し優れた海苔を作っていただいています。
3月26日、アクアラインを渡り、千葉・木更津へ行ってきました。木更津は高品質の海苔が採れることで有名なところです。支柱式(海苔の網が潮の干満で海に潜ったり、海上に出たりする)と浮き流し式(海苔の網がずっと海に潜り放しで海の栄養を絶えず摂っている)の両方があります。
遠くにアクアラインを望むことができます。


本物を美味しく食べて健康に!株式会社守矢武夫商店
東京都大田区大森東3-8-26
TEL:03-3761-7983
FAX:03-3761-661
E-mail moriya@yakinori.jp
URL www.yakinori.jp/
posted by わらく at 23:05| Comment(52) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

季刊誌「わらく」2009年春号〜健康・食育講座 後半〜

健康・食育講座 後半


世の中に常識と思っていることでも実は非常識であることが多いのですが、よく「病気は遺伝だ」といわれます。しかし病気はそれだけでは殆ど発症しません。そもそも病気は発症が100%ととすると、外部環境要因(ストレス、公害等)30%、遺伝要因30%、生活習慣要因35%以上で発症すると言われています。

いわば、食生活遺伝と言ったほうがいいかもしれません。ですから、遺伝だからとあきらめるずに食生活を見直していけば結果は変わるというです。
メタボと診断された方もそうでない方もダイエットが必要であれば美人舞で健康的にダイエットができます。1ヶ月で3Kg減、1年で10Kg減という実績もあります。美人舞を購入される時にダイエットの指南書をご請求下さい。

では次に食品選びのポイントをお話しておきましょう。私たちは多くの食材の中からどんなものを選べばいいのでしょうか?

それはまず、出来合いの物には原材料の表示義務はありませんし、食べ物の酸化も気になるので、なるべく手作りの出来立てが基本ということです。食品の表示ラベルをひとつひとつよく見ることです。「身土不二(しんどふじ)」という言葉をご存知でしょうか? これは「体と土地は切っても切り離せないものですよ」 「生まれた場所のものを食べていきましょう」という仏教の教えです。現在は中国食品への疑惑もあり、輸入品にはポストハーベスト(収穫後の薬品、農薬使用)の問題もあるので、なるべく国内産のものを選んでおいた方がいいでしょう。
そして原材料名の表示に注目します。ここで、添加物が入っている場合は避けるか、或いは他との食べあわせで添加物をなるべく2種類以上一緒に摂らないようにします。

日本では厚生労働大臣が定めた指定添加物だけでも345種類もあります。これらは指定されているから安心というわけではありません。1種類の添加物は体に害がないというだけであって、2種類以上が組み合わさった場合は何の保証もされていません。ソルビット、グリシン、増粘多糖類、ポリリジン…その組み合わせは膨大で調べがついていていないのです。ですから、なるべく多くの種類、もしくはわからないものは口にしない方が安心ですね。
ひとりが年間摂る添加物の量は4Kg、1日約10gだそうで、それも驚きの数字です。

しかし、便利な世の中をつくって来たのは添加物だったと言っても過言ではないわけです。ですから、うまく付き合って行く必要があるのです。
買い物は素早く済ませたいものですが、食品表示を見て選ぶことは是非していきましょう。

                   健康・食育シニアマスター
                    福 田 千 穂
【参考書籍】

「食品の裏側」
著者:安部 司
東洋経済新聞社

食品添加物の元トップセールスマンが食品製造の舞台裏を明かす。


本物を美味しく食べて健康に!株式会社守矢武夫商店
東京都大田区大森東3-8-26
TEL:03-3761-7983
FAX:03-3761-661
E-mail moriya@yakinori.jp
URL www.yakinori.jp/



posted by わらく at 23:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

季刊誌「わらく」2009年春号〜健康・食育講座 前半〜

〜健康・食育講座 前半〜


前号は毎日20分以上は歩くことと、日本人の体に最適な食事は「米を主食とした和食」であることを体の進化の話を踏まえて簡単に書きましたが、皆さん玄米を食べていますか? 最低30〜40回は噛めていますか? 老化を考えて噛むことの重要性も書きましたね。

当店で販売をし始めた「美人舞」の良さを実感され、この玄米がなくては食べた気がしないというお客様の声も届いております。白米とのブレンドから始め、徐々に玄米の比率を高めて最終的には100%にされることもお勧めします。その方が質的に充実しているので満足感のある食事となるのです。白米やパンを主食にするとおかず主体になりいくら食べても満足しなかったり、間食が多くなったりします。そもそも現代人は食べすぎの傾向、そして栄養のアンバランスの傾向になっていますが、その辺が原因のひとつと言えます。しかし玄米を主体にした和食は質的に充実するので満足感が得られる食事となるのです。よく噛んで食べ、おかずが玄米の量を超えなければ玄米は好きなだけ食べていいのです。ご飯は太るといいますが、玄米を食べても太りません。まさに「毎日美味しく食べて健康に」が実践されるわけです。こういう食事をしていればこの不況のご時世であっても医療費もかからない、食費も抑えられる、体の中もきれい、外見もきれい、いいこと尽くしです。

「美人舞」というのは他ではほとんど販売されていません。これはくず米ではなく、未成熟の玄米です。ですから粒が小さくこれから成熟しようというパワーを秘めているのです。人は生きた物の命を食べて生きています。動物であれ植物であれ全て命です。私たちは食べたもので体は作られるのです。命あるものを口から入れることでパワーがみなぎるわけで、死んだ物では用をたさないわけです。白米からは芽は出ませんが、玄米からは芽が出るので玄米を食したほうが有益というわけです。又、大規模化を推奨する現代の農政で小規模農家は苦境に立たされています。「美人舞」は全国の小規模農家に作ってもらっているので食べる人が増えれば増えるほど、日本の田園風景を後世に残す手助けにもなるはずで、自給率アップにも繋がればと思うのです。

この「美人舞」を原料に玄米甘酒ができました。ノンアルコール、ノンシュガーで甘さは玄米だけの甘さなので優しい味わいです。お米だけで、こんなに甘くなるなんて驚きの商品です。お料理に、お砂糖の代わりにスイーツ作りにもお使いいただけます。マラソンをされる方は走る前に玄米甘酒を飲んで走るとパワーがでますし、病後や風邪の時に飲むと「飲む点滴」のようなものなので重宝しますよ。粒々が嫌いな方はこして飲むといいですね。

さて、昨年から特定検診が義務化され、いわゆる「メタボ検診」が開始されましたが、結果はいかがでしたか? 検診結果が基準値内にあり、結果良好でも、そこで安心は禁物です。予防の観点からも検診結果は点ではなくて線で見ていくことが肝心です。過去から現在までの結果を折れ線グラフにしていくことでこのままで行くと肥満だとか、糖尿だとか、将来の予想がつきますよね。その状態を作り出しているのが食生活、なぜなら、私たちの体は食べたものでできていますから、食事を見直すことで病名が付く前に折れ線グラフの行方を自分でコントロールしていくのです。病気になってしまうと薬の副作用が付いて周ります。食事制限も伴うでしょう。ですから、予兆を読み取り、病名が付く状態に持っていかないことです。そして、いつまでもいろいろなものを美味しく食べていきたいですよね。



本物を美味しく食べて健康に!株式会社守矢武夫商店
東京都大田区大森東3-8-26
TEL:03-3761-7983
FAX:03-3761-661
E-mail moriya@yakinori.jp
URL www.yakinori.jp/
posted by わらく at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

季刊誌「わらく」2009年春号〜和楽(わらく)」とは〜

「和楽(わらく)」とは

活き活きとした人生を送りたいのなら、健康である必要がある。
健康であり続けたいのなら、食生活が大事である。
日本人の食生活の基本は和食。
もちろん、フレンチ、イタリアン、中華など外国の食事も素晴らしく、そして美味しいものがたくさんあります。それを食として楽しむことも大事ですが、やっぱり基本は和食であって欲しい。その和食を思う存分楽しんでいきたいというメッセージを込めて、タイトルを「和楽(わらく)」とネーミングしました。


本物を美味しく食べて健康に!株式会社守矢武夫商店
東京都大田区大森東3-8-26
TEL:03-3761-7983
FAX:03-3761-661
E-mail moriya@yakinori.jp
URL www.yakinori.jp/
posted by わらく at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

季刊誌「わらく」2009年春号〜ご挨拶〜

ご挨拶



春、少しずつ暖かくなり1年を通して最も楽しくワクワクする季節ではないでしょうか。 八百屋には春の旬の野菜が並び、ますますうれしくなりますよね。

さて、当社は創刊号でも触れましたが、これからずっと「健康・食育」を最も大きなテーマと掲げ、「健康・食育」を意識した商品作りを進めていきます。 また、お客様と素晴らしい出会いをすること、そしてお客様に当店を「わたしのお店」と思ってもらえることに、全力投球していきます。 そのためにはお客様とのコミュニケーションはとても大事なことです。 是非、「現代の食生活」「食と健康」「本物の食品」などについて語り合いたいと思います。 また、当社が属している食育に関する研究グループの内容についてもお話することができますので、お気軽に立ち寄ってみて下さい。

 本業の海苔に関して、「生産者の思い」と「お客様の思い」をつなげるのがわたしたち海苔問屋の役目と考えております。 当社は生産者直接仕入れの、生産者の顔が見える商品「生産者直送便」に力を入れ、きっちりとお客様にご説明できるようにしております。 今後も喜んでいただける商品作りに励みますので、是非、応援お願いいたします。

本物を美味しく食べて健康に!株式会社守矢武夫商店
東京都大田区大森東3-8-26
TEL:03-3761-7983
FAX:03-3761-661 
E-mail moriya@yakinori.jp
URL www.yakinori.jp/
posted by わらく at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

季刊誌「わらく」創刊号〜ひとこと〜

ひとこと

昨年末、清水寺で発表された、その年を代表する漢字は「変」でした。私は昨年、食生活を「変」えました。というより妻に「変」えさせられたというのが正しいでしょう。白米と肉中心の食事から玄米と魚中心の食事に「変」え、できる限り咀嚼するようにしました。半年で10Kg近く体重が減りました。そのほとんどが体脂肪分です。今では体脂肪率が15%程度になりました。また体温もずっと低体温でしたが、今は36℃代の後半をキープしています。食の大事さが身をもって感じた1年でした。現在、日本のみならず世界中が不景気の波にのまれていますが、体の中だけでも景気良くしたいものです。


本物を美味しく食べて健康に!
株式会社守矢武夫商店
東京都大田区大森東3-8-26
TEL:03-3761-7983
FAX:03-3761-6615
E-mail moriya@yakinori.jp
URL www.yakinori.jp/   
posted by わらく at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

季刊誌「わらく」創刊号〜イベント情報〜

〜イベント情報〜


「大森 海苔のふるさと館」イベント

2/15(日曜日)10:00〜正午 海苔つけ体験 申込み1/21〜
3/15(日曜日)10:00〜正午 海苔つけ体験 申込み2/21〜

申し込み・問合せ:大森 海苔のふるさと館
         TEL 03-5471-0333 FAX 03-5471-0347

*詳しくは大田区のHPに掲載されています。


本物を美味しく食べて健康に!株式会社守矢武夫商店
東京都大田区大森東3-8-26
TEL:03-3761-7983
FAX:03-3761-6615
E-mail moriya@yakinori.jp
URL www.yakinori.jp/
posted by わらく at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

季刊誌「わらく」創刊号〜おすすめ商品〜

節分まで待ちきれない!
家族でわいわい手巻き寿司

ご存知ですか?家庭で人気の手巻き寿司、白米:美人舞(玄米)がハーフ&ハーフ、又は2:1、3:1ブレンドで美味しくしかもバランスよく栄養がとれます。酢の量は白米と同じでOKです。是非一度お試し下さい。

→「美人舞」については2009年1月7日をご覧下さい。


おすすめ!

手巻き寿司用海苔

 1袋全型1/2切 20枚入り 525円(税込)



本物を美味しく食べて健康に!
株式会社守矢武夫商店
東京都大田区大森東3-8-26
TEL:03-3761-7983
FAX:03-3761-6615       
E-mail moriya@yakinori.jp
URL www.yakinori.jp/
posted by わらく at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

季刊誌「わらく」創刊号〜恵方巻き用のり レシピ付き〜

おうちで簡単!手作り恵方巻き

〜節分には恵方巻きを〜


関西の恵方巻は関東でも随分定着してきましたね。
今年は家庭で太巻きを作ってみませんか?
意外と簡単に出来ます。

オススメ  恵方巻き用焼のり
1袋全型10枚入り 525円(税込)
*恵方巻きレシピ付き


本物を美味しく食べて健康に!
株式会社守矢武夫商店
東京都大田区大森東3-8-26
TEL:03-3761-7983
FAX:03-3761-6615
E-mail moriya@yakinori.jp
URL www.yakinori.jp/


posted by わらく at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

季刊誌「わらく」創刊号〜新商品〜

右斜め上ズバッと新商品 究極健康米
みどりのお米「美人舞」


美人舞CIMG4709.JPG 1Kg 670円(消費税込み)
除草剤および栽培時の農薬不使用

〜みどりのお米「美人舞」の魅力〜

特徴1 普通の玄米の粒の半分の大きさ、ちっちゃな玄米です。
      ということは。。。普通のご飯と同じだけ食べても粒は2倍以上食べれる。
       ということは。。。栄養の宝庫「胚芽」も2倍以上食べるのです。
       だから代謝が正常になって、健康にダイエットができるのです。
特徴2 ギャバは白米の25倍! 発芽玄米の約2倍!
特徴3 炊飯器の白米モードで炊ける!
       意外と美味しい! 冷めても美味しい!だから続けられます。

 *ギャバの効果
   @精神的ストレスを緩和して、血圧を下げる効果も確認されています。
   A中性脂肪を減らす
   B腸内で悪玉菌の増殖を抑え、腸内細菌のバランスを整える、肝機能を改善
    することも期待されています。
   C更年期障害に伴うイライラや不眠、憂うつなどが改善したという報告もある。
                  
仕事のストレスが緩和され、腸内環境も整い、内臓にもよい、まさに心身にいいこと尽くし、一石多鳥。


*健康的にダイエットしたい人は指南書がありますのでお店にお問合せ下さい。
*美容の観点からも体の中から綺麗にすることで真の美しさを醸し出します。貴方も今日から「美人舞」始めてみませんか?
*気になる生活習慣病の予防にも役立てましょう!


本物を美味しく食べて健康に!
株式会社守矢武夫商店
東京都大田区大森東3-8-26
TEL:03-3761-7983
FAX:03-3761-6615
E-mail moriya@yakinori.jp
URL www.yakinori.jp/
posted by わらく at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

季刊誌「わらく」創刊号〜海苔&海情報〜

海苔&海情報

〜海苔はどのようにできるか?〜

miyagi sea06.jpg
生産者/海

まず夏場に、海苔の種の元(果胞子)から海苔の種(殻胞子)に成長させます。晩秋、網に海苔の種(殻胞子)を付着させると1〜2週間で収穫できるほどに成長します。その海苔を摘み取ると、また1〜2週間で成長します。それを早春まで数回繰り返します。



1次乾燥アップ/矢本・工場(2007.3.19).JPG
生産者/加工場

収穫した海苔を洗浄、異物除去したら1次乾燥させて10枚を半分に折って出荷。こうすることで海苔の破損が防げるのです。



CIMG6886.JPG
問 屋

納入した海苔の広げ作業(半分に折ってある海苔を平らに広げる)後、2次乾燥、焼成・加工して販売。


今、まさに海苔の収穫は真っ盛りです。
宮城 東松島では海の栄養が多く、例年と比べて黒い海苔ができています。当社とタイアップしている生産者は昔ながらの手のかかる製法で作っていますが、この海苔は苦労の甲斐があってとても良い出来栄えです。
posted by わらく at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

季刊誌「わらく」創刊号〜大人のための健康・食育講座 後編〜

健康・食育講座〜後編〜

(昨日の続きです→)

玄米は炊くのが大変という声をよく聞きます。そこで当店では玄米であるみどりのお米「美人舞」を昨年12月から販売開始しました。白米と同様に炊けます。ですから玄米100%でも、白米にブレンドしても手軽に炊けるという玄米ですので、これは皆さんの健康づくりにお役立ていただけると確信しております。これは薬のような玄米で、今までの玄米以上に栄養豊富で大変優れた究極健康米です。どんなものでも薬は必ず副作用を伴いますが、毎日美味しく食べて健康づくりができるのであればそちらを選択したいですね。詳しくは下記の「新商品」のコーナーをご覧下さい。

食事をがらりと変えることをできる人はいいのですが、なかなかできないことです。けれど毎日の食生活で何かひとつでも変えればあなたの将来は変わってきます。例えば、「日に一食は玄米主食の和食にする」「朝食をパン食から玄米食に変える」など、自分なら何をどう変えていけるか是非考え、実行して下さい。

そしてもう1つ大事なのは動きです。ストレッチをしたり、大股で外を歩いたり、20分を越える持続的運動は脂肪を燃焼させ、エネルギーを消費させます。歩くことは本来人間の体の喜びのはずです。食と動の両面から健康づくりをしていくことで、体に変化が見られるでしょう。その変化を見ていくことも健康づくりの楽しみのひとつです。健康は何よりも大事なことだからこそ、自分の健康は自分で作り上げていきたいですね。

ここでは健康、食育、食養学、予防医学の面から健康づくりに役立つ情報を毎回掲載してまいります。大人のための食育講座として食材選びの注意点、食の嘘・ホント、メタボ対策、糖尿病対策etc.役立つ情報を発信してまいりますので、皆様の食生活を見直すきっかけにしていただければ幸いです。
毎号是非ご一読ください。
株式会社守矢武夫商店
健康・食育シニアマスター
       福 田 千 穂

posted by わらく at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

季刊誌「わらく」創刊号〜大人のための健康・食育講座 前編〜

健康・食育講座

健康で幸せな人生を送りたい。それは誰もが願うことです。人によって健康観、幸福感は違いますが、健康のひとつの考え方としては「誰もが自分の能力を最大限に引き出せる状態をつくること」なのではないでしょうか。よりよい生活、質の高い生活を送るための条件ともいえますが、何をするにも生きていく上で健康であることが全ての基礎になります。死ぬまで健康で幸せ、ピンピンコロリ(PPK)が理想ですね。

日本は寿命の面から見れば女性が世界第1位、男性が2位の長寿国です。しかし実態はどうでしょうか?平均寿命年齢と健康年齢(人の助けを借りずに生きられる年齢)には6〜7年の隔たりがあります。人生最後の6〜7年は介護状態が続き、家族に大きな負担がのしかかっています。介護施設への入居は数年待ちの状態であることも現実です。また、長寿大国であるからといって健康ではなく、病人の多さに驚きます。

現代は 悪性新生物(がん)、心疾患、脳血管疾患が多く、中でもがんの死亡率が極めて高く、今後は2人ひとりががんになるであろうと言われています。また、過去に多かった日本人の病気(感染症)と、現代の病気とでは明らかに違います。なぜ現代はがん、心疾患、脳血管障害といった慢性疾患の死亡率が多いのでしょうか? その予備軍も含めるとその数の多さに驚愕します。何かが違っているのではないかと思いませんか?

ここで申し上げたいのは、「食べたもので身体はできている」ということです。

きちんとしたものを食べなければ健康ではいられない、食べたもので病気にもなり、健康にもなるということです。私たち日本人は永い永い年月をかけて日本の風土に合った身体に進化しました。けれど戦後60年で日本人の食生活は欧米化し、がらりと変化しました。身体は急激な食の変化についていけません。

私たち日本人の腸は欧米人の1.2倍の長さがあります。これは、穀物を中心とした食生活に合った腸を作り上げているのです。ですから米を主食とした食事、それも永く食べてきた和食をとることが内臓に負担をかけない食事、身体が喜ぶ食事なのです。負担をかければそれだけ老化することに繋がるのです。米食は玄米をお勧めします。白い米と書くと「粕(かす)」です。白米は豊富な栄養を削ぎ落としてあります。削ぎ落とした部分にこそ私たちが必要とする豊富な栄養があるのです。それをあえて取り除くのはもったいない事です。

従って私たち日本人は身体の構造からも栄養面からも、玄米を主食とした和食をよく噛んで食べる食事が、私たちの身体に最適で健康を保つ食事であるといえるのです。せっかくの栄養もよく噛まなければ消化吸収されませんし、胃腸に負担をかけます。一口最低30〜40回は噛むことをお勧めします。玄米を主食にする場合はおかずの量が玄米を越えないようにするというのをひとつの目安にするといいでしょう。
更に付け加えるなら、玄米に不足している栄養素はカルシウムです。このカルシウムはごまや小魚や椎茸、海苔をはじめとした海藻類等、野菜で補うことをお勧めします。とりわけ海苔は保存性が高く、軽く手軽な食品ですから、毎日の食卓にのせてその優れたミネラルを摂取し、栄養のバランスを整えることに有効です。

(つづきは明日に掲載→)

株式会社守矢武夫商店
健康・食育シニアマスター
       福 田 千 穂
posted by わらく at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

季刊誌「わらく」創刊号〜ご挨拶〜

季刊誌「わらく」創刊号

発行:2009年1月吉日


ご挨拶
当社は60年ほど前から、多くの方々に支えられながら一貫して海苔専門の問屋・小売業を営んでまいりました。この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

近年、日常の食生活を脅かすような出来事が頻発し、本来当たり前であった「食の安心・安全」が遠い世界のようになり、また、私たち生活者が便利で安価で美味しそうなモノを追い求め続けた結果、黄色信号が点滅している「食品」があちこちであふれかえっています。私たちの健康を損なうようなこのような状況を憂い、流通業に携わっている身として何とかしたいと数年前から、当社は徹底的にあらゆる角度から「食」を研究し始めました。これが業種を越えた数十社の研究グループに進展しました。「食の大事さ」、「食のありがたさ」といったプラスだけではなく、食のマイナス部分がかなりよく見えてきました。そういったことを「食育」という形で多くの方々にお伝えしていきたい。そして皆様とご一緒に「健康」を考えていきたいとの思いから、当社は「健康・食育」を大きな柱にすることに決めました。

「本物を美味しく食べて健康に!」をキーワードに、お客様に絶対に喜んでいただける本物の食品を提供していきます。少しずつ増やしていきますので期待して下さい。食品を提供するだけではなく、様々な形で「健康・食育」に関するメッセージをお客様にお伝えし、そして、おこがましいかもしれませんがアドバイスさせていただきたいと思います。必要であれば「健康・食育」のセミナーの講演、相談会等承りますので、お気軽にお話しして下さい。

当社の本業は海苔屋であります。わかりにくい海苔業界の流通も少しずつわかりやすくし、できる限り海苔の情報を発信していきたいと思います。海苔問屋の存在意義を見つめ直し、いつでもお客様から存在を認めてもらえるよう努力すべきだと考えています。

当社は2年前からではありますが、海苔の「産地直送」に力を入れ始めています。「産地直送」はお客様の思いを生産者に伝え、また生産者の思いをお客様に伝えることができます。このような取組みをしているのは海苔業界では当社の他はほとんどありません。当社は一年を通して生産者との連絡を密にし、海苔作りについて話し合っています。

海苔も「健康・食育」に欠かせない食品と考えておりますが、「健康・食育」を語る上で最も大事な食品の一つと位置付けているのが主食である米です。米は白米ではなく玄米の方です。当社は「健康・食育」研究グループより大変優れた玄米を仕入れることができました。今後はこの商品を中心にお客様へ「健康・食育」を訴えていきたいと考えております。是非、ご一緒に「健康・食育」を考えていきませんか。
posted by わらく at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

2009年から季刊誌発行します

明けましておめでとうございます


健康・食育を推進する東京の大森の海苔問屋「株式会社守矢武夫商店」が季刊誌「わらく」第一号を発行いたします。
多くの方の健康づくりにお役立ていただければ幸いです。
毎号ご購読いただき、実行できることは生活に取り入れていただき、「わらく」に掲載されているとおりにしていたらダイエットできたよ!
とか、毎日の食事が美味しくて美味しくて食べる楽しみが広がったよ!といった声が聞こえてくることを願っています。


本物を美味しく食べて健康に!守矢武夫商店の季刊誌を是非ご愛読下さい。
posted by わらく at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。